究極のやすらぎ 人と住まいの健康 目指して!

パート(3)

住まいには「空気は命・光は栄養」が必要である

開放的な住まいを確保するためには屋根の断熱が重要です。

 

始めに、「方丈の家改修工事」で施行した「腰葺き屋根」の話です。

試行-【1】

「腰葺き屋根」 

伝統的な「腰葺き屋根」

伝統的な「腰葺き屋根」


試行-【1】

試行-【1】

 屋根の葺き方に「腰葺き屋根」があります。腰葺き(こしぶき)とは、鋼板葺き(主に銅板)と瓦葺きを組み合わせた屋根のことで、日本の建築様式のひとつです。

 具体的には、軒先から軒桁芯までの範囲を銅板などの金属屋根で葺き、軒桁から上部を瓦葺きで仕上げる形状を指します。

 

 この伝統的な施工方法は、数寄屋造りに多くみられ、建物の格式を高める役割を果たします。

日本料理店などでは、高級感を演出するためによく採用されています。

 この伝統的な屋根形式を今回の「方丈の家改修工事」で異種建材を用いて施行した屋根が左の写真(試行-【1】)です。

瓦部分を軽量高耐久鋼板(断熱)段葺きとしています。

 防水の納まりは、異種材部分(主に軒桁上)で段差を大きく設け水仕舞に気を付けました。

 又、その段差分を活用して室内部分上部に断熱材を敷き込みました。 

一般的な住宅では余り使用されていませんが、鋼板葺きの部分は重量が軽くなる為、軒の出を大きくしても屋根下地の負担を減らす利点があります。

 又、軒先のシャープなラインが建物を軽やかに印象付けます。

腰葺きにおいて、瓦の種類としては、軒先部分には一文字軒瓦が使用されます。一文字軒瓦は瓦の下面が真っすぐになっている軒瓦で、水平の鋼板葺きの上に隙間なく載せられます。 

 結果

 ① コストパフォーマンスに優れ

 ② 重量軽減による耐震化増強

 ③ 軒先部分との段差による屋根断熱確保

 

 と、なりました。




3つの「和」設計ポイント

人と住まいの健康

   こころとからだの健康

       &

     住まいの健康

 

”光と風と ころあいの間”

をモットーに「和」の温もりを届けます。

清貧 シンプルな暮らし

無駄を省き、プランはメリハリをつけて

コンパクトに

 

緑の割合をできるだけ多く確保し、室内外ともに空気(風)の循環を促します。

安全・安心 丈夫な架構と空間

住まいの架構(構造体)はしっかり造る

 

 

生命・財産を守り、安全・安心な暮らしを目指します。



私の建築に関する想いを記載しております。